機神山山頂古墳

通称織姫山と呼ばれる機神山。山頂の古墳は前方後円墳で6世紀中ごろものと思われる。ここから見下ろす町並みと春の桜が印象的である。

  • 住所:足利市巴町3890-17
  • 電話:0284-43-3000(足利市観光協会)

西宮・長林寺(福禄寿尊)

足利長尾家の菩提所として初代景人が創建した。元禄時代から明治維新まで続いた修行道場の伝統を継承し、今も参禅会などを開設している。

  • 住所:足利西宮町2884
  • 電話:0284-21-5636

西宮神社(恵比寿神)

慶長8年、代官小林重郎左衛門が領地繁栄を願って、摂津の国西宮神社に勧請し創建。毎年11月19・20日に行われる恵比寿講は大変賑わう。

  • 住所:足利西宮町2931
  • 電話:0284-21-6790

恵性院・笛吹坂伝説

小俣町の小さな坂の途中にある恵性院に残る悲恋の伝説。昔、鶏足寺の末寺明月院に修行に来ていた信光という美少年が吹く笛の音とそれに合わせるように琴の音。寺の西側に住む大川家の娘「菊江」の琴であった。やがて二人は愛し合うようになったが…。「稚児の碑」が境内に今も残っている。

  • 住所:足利市小俣町1493

本城厳島神社(明石弁財天)

寛政5年の建立で江戸末期までは「明石弁天」といわれていた。今日では御祭神「市杵島姫命」の分身で「美人弁天」として知られている。

  • 住所:足利本城2丁目1805
  • 電話:0284-42-0525

樺崎寺(法界寺)跡

足利義兼によって創建されたといわれる中世の寺院遺跡。極楽浄土の世界をあらわした庭園をもつ寺院であることがわかり、国史跡に指定された。

  • 住所:足利市樺崎町1723
  • 電話:0284-20-2230(足利市文化課)

大手神社

足利赤十字病院のすぐ北側にある神社で、地元の人には「大手さま」とも呼ばれる。昔から手先の技術を上げたいという人や手に関する病気・怪我、さらに字が上手に書けるようになどという人たちに「手の神様」として信仰された。「手首」や「手形」の絵馬をあげる風習がある。

  • 住所:足利市五十部町375

伊勢神社

伊勢神社

足利の「お伊勢さま」として知られる。

    • 住所:足利市伊勢町2-3-1
    • 電話:0284-41-5347

常念寺(毘沙門天)

時宗の開祖一遍上人の法孫が、遊行中、荒廃した寺の再建に尽くされたと伝えられている。平安末期(1143年)創建、仏舎利泰安の寺である。

  • 住所:足利通7丁目3094
  • 電話:0284-21-2016

名草厳島神社(弁財天)

空海上人が水源農耕の守護として弁財天を祀ったのが始り。御供石、弁慶の手割り石、石割楓などの巨石が国指定天然記念物になっている。

  • 住所:足利名草上町4990
  • 電話:0284-41-9977(名草公民館)